TOP >  ORGANIC COLUMN >  夏でも油断大敵!乾燥肌に役立つアロマ精油とは?

ORGANIC COLUMN

心、肌、体に良いこと。オーガニックの話をしましょう。

May 7, 2021

夏でも油断大敵!乾燥肌に役立つアロマ精油とは?

インナードライという言葉を耳にされたことはございますか?肌の表面は皮脂でベタついている状態でありながら、肌の内側は乾燥しているという状態をインナードライといいます。実は、夏こそ肌が乾燥しがち。そんな肌が乾燥するメカニズムと、乾燥改善に効くアロマ精油について詳しくご紹介しています。

肌が乾燥するメカニズム

暖かい春も中盤に差し掛かり、暑い夏がやってきますね。汗もかき、お肌がベタつく季節は、一見肌が潤っているように見えますが、実は冬に負けず劣らず肌が乾燥しやすくなるので注意が必要です。急激に強くなる紫外線、室内に入れば効きすぎた冷房など、肌が乾燥する理由は意外にもたくさん。汗や皮脂で湿った肌の裏は、知らず知らずのうちに乾燥しているのです。では、肌が乾燥した状態というのは一体どのような状態なのでしょうか。私たちの体の面積の約16%を占めている肌=皮膚は、外からの刺激や細菌から体を守るバリア機能が携わっています。人間の肌は、外側から表皮、表皮の下で肌の土台の役割をしてくれる真皮。そして一番内側で表皮と真皮を支えている皮下組織の3層構造で成り立っています。表皮は外側に角質層を持ち、その角質層は約20%の水分を含んでいて、角質層の働きによって、私たちの肌の潤いが保たれています。そして、皮膚の角質層を覆っている皮脂膜は、潤いや滑らかさを与える役割をしてくれる、わかりやすくいうと天然の保湿クリームのようなもの。肌が健康な状態である場合は、角質層の細胞の中にあるセラミドがしっかりと水分をとキープしてくれます。ですが、この皮脂膜が不安定になったとき、乾燥や外的刺激から皮膚を守るという本来皮脂膜が持つ役割を果たせなくなり、バリア機能が低下しさまざまな肌のトラブルを引き起こします。 特に気温が低くなる冬場は皮膚の代謝機能が低下するため、皮脂腺の機能や、汗腺の機能も低下し、皮膚膜の形成が不十分に。さらには、健康な肌を維持するのに欠かせない、セラミドの合成や、アミノ酸の生成が低下し、私たちの肌が本来持つ保湿作用が弱くなってしまうのです。角質細胞間皮脂に蓄えられているはずの水分も減少するため、細胞間に隙間ができてしまい、肌内部の水分がどんどん蒸発してしまい、乾燥肌の進行へと繋がりまるのです。セラミドや皮脂量は女性は20歳をピークに、男性は30歳をピークにそれ以降は急激に減少していきます。それ以外にも、偏った食生活や、睡眠不足、ストレスなど、日々の生活習慣の崩れが乾燥を招くこともあるのです。

Skin picture

要注意!夏でも肌はかくれ乾燥?

先述したように、皮膚の代謝機能が低下する冬場は特に肌の乾燥が気になる季節です。ですが、肌の乾燥がわかりやすく現れる冬に比べ、油断しがちな夏場の乾燥肌はとてもやっかい!日本の夏は湿気が非常に多いため見落としやすく、気づけば肌内部はカラカラの砂漠肌状態に陥っているということも!夏は特に皮膚表面は皮脂でベタついている状態でありながら、角層の水分量が不足し、内側が乾いているという状態になりやすいのです。この状態をインナードライ(かくれ乾燥)といいます。このインナードライとは医学用語ではなく、美容用語。ではどうして夏場はインナードライが起こりやすいのでしょうか。その理由は、大きく分けて3つあります。 1つ目は、エアコンや汗などによる乾燥。 2つ目は、夏の強い紫外線による肌刺激。 3つ目は、間違ったスキンケアであることが考えられます。 夏の間は、皮脂や汗の分泌が非常に盛んになります。それを避けるために、室内に入れば冷房がガンガンとかかっていることが多く、体のバランスを保っている自律神経が乱れ、免疫機能である皮膚のバリア機能が低下し、乾燥肌が進行します。また、強い紫外線も肌の乾燥の原因のもと。「UV-A」と呼ばれる生活紫外線は、肌の奥深くまで到達し、肌を炎症状態へと導きます。水分と皮脂のバランスが大きく崩れ、水分が減り、それをカバーしようとする私たち人間の防御反応で肌は内側から無理やり油分を出そうとします。そうして皮脂が過剰になることで、水分と皮脂のバランスが崩れて、結果的に肌が乾燥してしまう、というのがインナードライの大きな特徴なのです。このインナードライの状態は、医学的に見解すると、真皮細胞の中にある水分量が減ってしまう状態のことを指すそうです。また、脂性肌と症状が非常に似ているため、肌のテカテカやベタつきを解消しようとして、洗顔をしすぎたり、洗顔の際に肌を必要以上に擦ってしまったりすることによって、表面にある皮脂を取り除きすぎてしまいさらに肌のバランスが崩れ、本来肌が持つバリア機能まで低下させる、という原因にもなるのです。そして、水分が私たちの内側から外側へ出ていくことで、女性の大敵であるたるみの原因にもなりかねない、それがインナードライなのです。

Smooth soft skin

乾燥改善にぴったりの精油

冬だけでなく、一年を通して、また夏はインナードライにより特に肌が乾燥する季節。さらに、間違ったスキンケアにより、乾燥肌は改善に向かうどころか、さらに乾燥を進めてしまうこともあるのです。 乾燥肌やインナードライは改善するには、正しいスキンケアを行うことが重要です。では正しいケアをするには一体どのようにしたら良いのでしょうか。まずインナードライを改善するためには、根本的な角質層の乾燥にアプローチし、水分と油分のバランスを保つことがとても大事なのです。外的刺激から皮膚を守りながら、肌のバリア機能をしっかり修復し、水分が蒸発するのを防ぎ逃げないようにすること、それが乾燥肌改善への近道。いつもの洗顔を短い時間で終わらせることや、クレンジングをする際は洗浄力の高い石油系合成界面活性剤が配合されたクレンジング剤は避け、植物オイルベースのクレンジングにすることで、本来肌の潤いを保つのに必要な油分を残しながらケアすることができます。またアロマを使ってのケアも乾燥肌を防ぐのに非常に効果的といわれています。肌の乾燥に優しくアプローチするには、保湿作用と鎮静作用、そして、細胞成長促進作用を含むアロマ精油をお選びいただくことがおすすめです。例えば、「バランスの精油」と呼ばれるゼラニウム精油。ゼラニウム精油は皮脂のバランスを整え、皮膚のコンディションを回復へと導いてくれます。実際に、化粧品やスキンケアなどにもよく使用されている精油なのです。保湿作用を含むゼラニウム精油は、乾燥肌だけではなく、混合肌、脂性肌にも優しくアプローチしてくれます。その他、「万能精油」と呼ばれるラベンダー精油も乾燥肌を改善するのに効果を発揮してくれます。ラベンダー精油は、いち早く治療を即してくれるのが最大の特徴。優れた消炎と鎮静作用で、紫外線で傷んだ夏の炎症肌を落ち着かせ、体のバランスを保つのに欠かせない自律神経を整えてくれます。ゼラニウム精油同様、乾燥肌だけではなく、混合肌や脂性肌などにも非常に効果的です。そして、ゼラニウム精油や、ラベンダー精油の両方に含まれているのが、細胞成長促進作用と呼ばれるもの。あまり聞き馴染みがないこの作用は、皮膚細胞の成長を促す働きをしてくれる非常に重要なもの。悩ましい肌の乾燥を、根本から穏やかにアプローチし改善へと導いてくれるのです。

Geranium essential oil

精油を使った活用法

ここまで、ゼラニウムとラベンダーのアロマ精油が乾燥肌の改善に優しくアプローチしてくれるということをお伝えしました。精油は100%天然由来の自然素材ですが、有効成分が高濃度で凝縮されており、精油を原液で直接肌につけることはおすすめできまん。ラベンダー精油は、精油の中でも刺激が低いため場合によっては肌に直接つけても問題はないといわれていますが、今回は肌の弱い方でも安全にお使いいただけるケアの仕方をご紹介します。 まず、精油を一番簡単に、今すぐに活用していただける方法は、フェイシャルスチームという方法。洗面器に適温のお湯を入れ、ラベンダー精油、またはゼラニウム精油のどちらかを1〜3滴入れよく混ぜます。次に、バスタオルを頭からかぶり、洗面器から出てくる蒸気を顔に当てます。精油成分を含んだ暖かい蒸気を肌にあてることで血流を促す効果が期待できると同時に、肌に潤いを与えてくれます。精油を含んだ蒸気を顔にあてる際は、必ず目を閉じて行うようにしてください。また、咳や喘息の症状がるときは行わないようにしてください。さらに、精油を肌に直接使う方法としては、精油を植物オイル(キャリアオイル)で希釈してトリートメントする方法です。保湿成分を含んだ精油と植物性のオイルで肌をトリートメントすることで、肌の保湿力を高め、自律神経のバランスを整えるのに役立ちます。 作り方はとても簡単。植物オイル30mlに対し、ボディに使う場合は、1〜6滴、顔に使う場合は1〜3滴の精油を加えます。この時に使用する容器は遮光瓶がおすすめです。植物オイルは肌質に合わせてホホバオイル、スイートアーモンドオイル、アルガンオイルなど、お好きな植物オイルをお選びいただくことで楽しみながら乾燥ケアをしていただけます。オイルに馴染みやす精油が肌に浸透し、肌の免疫機能の改善に役立ちます。ラベンダーやゼラニウム精油とともに、お好きな精油もご一緒にブレンドしていただくことで、より効果的に、さまざまな精油効果を楽しんでいただけます。

A lady in spa

アロマ精油を使用して乾燥肌をケアすることで、肌への直接的な効能だけでなく、身体全体がリラックスしながらのケアを楽しんでいただけます。また、アロマ精油をお使いいただく際は100%オーガニックの質の高い精油をお使いいただくことをおすすめします。私たちAiB Organcsでは、世界的に信頼のおけるオーガニック認証機関ECOCERTが認証するフランス無農薬の証「ABマーク」を取得した安心、安全の精油を取り扱っております。ぜひ、夏が近づき乾燥が気になるこの時期に、アロマスキンケアをお試しください。