TOP >  ORGANIC COLUMN >  おいしく食べて健康管理!マヌカハニーのおいしい食べ方とは?

ORGANIC COLUMN

心、肌、体に良いこと。オーガニックの話をしましょう。

Aug 17, 2021

おいしく食べて健康管理!マヌカハニーのおいしい食べ方とは?

スーパーフードといわれているマヌカハニー。健康に良いということは知っているけれど、「どのように取り入れたら良いのかイメージが湧かない」という方も多くいらっしゃると思います。そんなマヌカハニーのより健康的で効果的な取り入れ方について詳しくご紹介しております。

マヌカハニーとは?

数あるハチミツの中でもバツグンに栄養価が高いとされているマヌカハニー。その高い栄養価から「奇跡のハチミツ」「スーパーフード」と呼ばれ、雑誌やメディアなどで注目されています。特にここ最近はウイルス予防の要である免疫力UP対策に「マヌカハニー」という文字を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。マヌカハニーをスプーン1杯、毎日取り入れるだけで免疫力アップに繋がり、毎日の健康管理に非常に役立つといわれています。そんなマヌカハニーの原産地はニュージーランド。 マヌカとはニュージーランド固有のフトモモ科の底木のこと。マヌカの木は薄いピンクの可愛らしい花を咲かせますが、その花が咲く期間はなんと4週間のみ。この4週間の間にミツバチたちはマヌカの花の蜜を集め、マヌカハニーは作られます。一年を通してわずか4週間しかマヌカを採取することができない、非常に稀少なハチミツなのです。マヌカは花のみでなく、葉や木の幹まで栄養を含んでおり、ニュージーランドの先住民マオリ族に「癒しの木」「復活の木」と呼ばれ愛されてきました。マオリ族たちは、マヌカの葉を煮出しお茶として、樹皮をうがい薬や痛んだ目に目薬などとして使用するなど、さまざまな用途でマヌカを重宝していたといわれています。マヌカハニーの生産は、1800年台頃に始まったとされていて、当時は主に牛のエサとされていたそうです。そんな中、マヌカを食べている牛たちが病気になりにくく、健康状態が非常に良いことから注目されるようになり、そこからマヌカハニーに関するさまざまな研究が始められたといわれています。 マヌカハニーが注目されているその理由は非常に豊富な栄養価とお話しいたしましたが、マヌカハニーにはビタミンCやビタミンBを始めとするビタミン類やミネラル類、ポリフェノールやアミノ酸、酵素などの天然成分が非常に豊富に含まれています。ビタミンやミネラルは暑い夏の時期、汗をかくと同時に失われてしまう成分でもあり、不足することで夏バテの原因となってしまうほど私たちに必要な栄養素。そんな夏の時期の栄養補給にぴったりなのがマヌカハニーなのです。

Manuka flower

メチルグリオキサールとは?

マヌカハニーにはビタミン類やミネラル類が含まれているとお話しいたしました。実はそれだけではなく、マヌカハニーには「メチルグリオキサール」という特別な成分が含まれています。これは別名「MGO」と呼ばれ、非常に高い抗菌・殺菌成分なのです。 通常、一般的なハチミツにも殺菌・抗菌作用のあるグルコン酸が含まれており、傷などの治りを早くしてくれる働きがあります。ですが、グルコン酸が体内に入ると、体内酵素によって分解され、同時に、グルコン酸が持つ作用も分解され無くなってしまうのです。そのため、一般的なハチミツの殺菌、消毒作用は外傷などにのみ効果的であるとされています。ですが、マヌカハニーに含まれているメチルグリオキサールは、体内に入っても殺菌や消毒作用が失われないということが研究により明らかになっています。そのことから、体内の病原菌や悪玉菌などの抑制、除去が期待できるのです。 マヌカハニーにのみ含まれているメチルグリオキサールの効力は、グルコン酸の持つ効力の2倍以上ともいわれているほどパワフルなもの。そんなメチルグリオキサールを豊富に含んでいるマヌカハニーを取り入れるメリットはたくさん。例えば、整腸作用。メチルグリオキサールの作用によって腸内環境の改善が期待できるとされています。メチルグリオキサールは腸内で悪玉菌を抑制しながら、同時に乳酸菌などの善玉菌を活性化させる働きがあるため腸内改善にとても有効である成分なのです。腸内環境が整うことでのメリットはさまざま。腸内環境が良くなることで、免疫力アップに繋がります。 マヌカハニーに非常に多く含まれるビタミン類にも様々な嬉しい作用が。 ビタミンB群は免疫力アップに欠かせない栄養素。ビタミンB6は身体に侵入してしまった異物と戦う力を高めてくれる栄養素。また、ビタミン類には抗酸化作用があり、細胞や組織を酸化から守る役割をしてくれます。そうして免疫細胞機能の低下を抑えることができるのです。 また、マヌカハニーは食中毒の原因となるサルモネラ菌などの有害な菌の増殖を抑制するといわれています。さらには、胃腸疾患の原因とされている、ピロリ菌にも優れた効果を発揮します。それだけではありません。メチルグリオキサールは、口内環境の改善にも役立ちます。虫歯菌や歯周病菌を抑制し、歯肉炎や歯垢を減少させる作用も。マヌカハニーの抗炎症作用は口内炎による痛みや腫れの緩和にも役立つとされています。そして、メチルグリオキサールの最大の特徴は何よりも非常に高い殺菌、抗菌成分を非常に豊富に含んでいること。この成分を含むことで、風邪を始めとするウイルスの予防を助けてくれるのです。

Manuka honey and spoon

マヌカハニーには紅茶がピッタリ?

免疫力アップに必要な栄養素を非常に多く含むマヌカハニー。マヌカハニーというと、通常のハチミツの味に比べ、クセが強く食べにくい、取り入れにくいというイメージをが強いですよね。私たちAiB Organicsで取り扱っているTranzAlpineHoney社のオーガニックマヌカハニーは、ニュージーランドの大自然の中で大切に作られたもの。オーガニックがとても盛んなニュージーランド国内においても、取得が非常に厳しいとされているオーガニック認証マーク「Bio-Gro」を取得した最高品質。そのため、従来のマヌカハニーとは違い、キャラメルのようなまろやかな深いコクと、なめらかな味わいが特徴。従来のマヌカハニーの独特のクセが気になるという方でも、美味しく味わっていただけます。 そんなオーガニックマヌカハニーの取り入れ方は、アレンジ次第で幅広く楽しんでいただけます。例えば、マヌカハニーとレモンを紅茶は相性抜群。実は、紅茶は緑茶よりも健康に非常に効果的なのです。緑茶、紅茶、烏龍茶は同じ茶葉から作られます。同じ茶葉から作られるといっても、風味は違いますよね。それは、発酵しているものとしていないものによって味わいが変わるため。紅茶は茶葉に含まれる酵素で酸化発酵して作られます。烏龍茶はこの発酵が浅く、緑茶は発酵を全くしない、不発酵のお茶なのです。では、茶葉を発酵するのとしないのではどう違うのでしょうか。実は、紅茶が緑茶よりも健康に良い理由はこの発酵ならではのもの。発酵の過程を経て作られる紅茶ポリフェノールは、もともと発酵過程で緑茶のカテキン同士が結合したもの。そのため、緑茶のカテキンよりもパワフルな成分なのです。そんな紅茶ポリフェノールの効能は非常にさまざま。例えばアンチエイジングの効果。紅茶に含まれている成分は糖が分解(糖化)するのを助け抑制してくれるとされています。そのため、糖化による肌の老化を抑制してくれる効果があ理、アンチエイジングにも非常に効果が期待できるとされています。また、血糖値コントロールを助けてくれるという効果も期待ができるとされています。血糖値の急激に上昇するのは、食事で体内に取り入れた炭水化物などが、酵素によって糖に分解される工程が体内で急激に行われる時。ですが、紅茶を飲むことで酵素の活動を抑制し、糖が吸収される働きを緩やかにし、血糖値の上昇を抑えられるとされています。さらには、紅茶ポリフェノールは抗菌、殺菌作用が高いため、風邪やインフルエンザなどの予防にも効果を高く発揮します。そんな栄養素満点な紅茶を飲む時、甘味料としてお砂糖を使用するのではなく、優しい自然由来の甘さのマヌカハニーを取り入れることで、マヌカハニーと紅茶、両方の栄養素を取り入れることができます。お好きな紅茶を飲む際、ティースプーン1杯程度のマヌカハニー、一絞りのレモンを加えてみてください。

Lemon and honey

マヌカハニーの取り入れ方とは?

マヌカハニーのまろやかな甘さは紅茶だけではなく、その他の食材とも相性がバッチリ。健康に良いとされているフルーツや野菜のスムージーもまたマヌカハニーとの相性抜群。中でも簡単に栄養補給ができるレシピが、マヌカバナナスムージー。用意するものは、バナナ1本、豆乳200ml程度、ティースプーン1杯のマヌカハニー。作り方は材料を全てミキサーに入れて混ぜるだけ。マヌカハニーはほんのりとした味わいの豆乳との相性も抜群。バナナには、マヌカハニー同様、健康に欠かせないビタミンBやビタミンCを始めとするビタミン群を非常に多く含んでいます。また、腸内環境改善に欠かせないマグネシウム、汗をかくと不足し、夏バテの原因にもなってしまうカリウムを豊富に含んでいます。マヌカハニーと合わせて取り入れることで、今の時期の健康管理にぴったりな組み合わせなのです。通常のハチミツは加熱処理してしまうと栄養素が壊れてしまうことがほとんど。ですが、マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールは熱にも非常に強いのが特徴で、メチルグリオキサールの効果はバツグン。ホットミルクやホット豆乳にマヌカハニーを組み合わせて取り入れて飲むことで、体の中からポカポカに。マヌカハニーの取り入れるのにベストなタイミングは寝る前といわれています。毎日冷房で冷え切った身体に、マヌカハニーを加えたホットミルクに 生姜を加えて取り入れることも非常におすすめです。また、いつもの朝食にマヌカハニーをプラスするだけでも、十分に健康管理に役立ちます。マヌカハニーは粘度が高く、甘さも濃厚な味わいなので、酸味のあるヨーグルトやお好きなチーズかけるのも相性が良くおすすめです。また、朝食のトーストと組み合わせる際には、お好みのパンでももちろん美味しくいただけますが、マヌカハニーの甘さが引き立つよう、少し酸味のあるライ麦パンなどと組み合わせても美味しくいただけます。

Bread and honey

マヌカハニーは、私たちの健康をサポートしてくれるスーパーフード。栄養素を非常に豊富に含んでいますが、1日スプーン1杯程度で、毎日の健康管理に必要な栄養素を十分にサポートしてくれます。また、マヌカハニーの効能を安全にお楽しみいただくために、マヌカハニーをお選びの際は、信頼の証である、オーガニック認証機関のマークを得た、100%オーガニックのものをお選びください。私たちAiB Organicsでは、ニュージーランドの認証機関「Bio-Gro」の認証を得たオーガニックマヌカハニーを取り扱っております。 ぜひ、皆さまの健康のために、マヌカハニーを取り入れてみてはいかがでしょうか。