TOP >  Essential Oil >  LAPHT PhytoFrance オーガニックエッセンシャルオイル レモン精油

LAPHT PhytoFrance オーガニックエッセンシャルオイル レモン精油

ブランド:LAPHT PhytoFrance
精油名:レモン
学名:Citrus limonum
抽出部位:果皮
抽出方法:低温圧搾法
原産国:南アフリカ
生産国:フランス
容量:10mL
オーガニック認証:ABマーク
保存場所:直射日光・高温多湿を避けた冷暗所
使用目安:開封後6ヵ月

精油について

誰からも愛されるフレッシュな香りをもつレモンは古くから抗菌作用が知られており、古代エジプトでは肉や魚の防腐剤として、食中毒の解毒剤として利用されていました。プリニウスの「博物誌」ではレモンが解熱剤として使われているという記述があります。ギリシャ神話の中では「黄金の果実」とも呼ばれていました。長く薬や観賞用として栽培されてきましたが、中世に入り、十字軍の栄養補給のために果汁が飲まれたことから食用としても認められるようになったという説があります。他の精油とブレンドもしやすく、様々なシーンで人気の精油です。

こんなときに

レモンは心身をリフレッシュさせ、意識をはっきりさせてくれます。集中力や記憶力を高めたい勉強中や仕事中、また冷静な判断が必要なときに、おすすめの精油です。ローズマリーとのブレンドは朝に使うと1日をスッキリとした気分でスタートできます。体内の毒素を排出させるデトックス作用もあり、心身ともに疲れ果てたときには、アロマバスに使うと体を温め、気持ちをフレッシュにしてくれます。抗菌・消毒効果が高いことでも知られており、感染症流行が気になる時期にも選ばれる香りです。新鮮でフレッシュな香りはオイルマッサージにも好まれますが、光毒性があるため、必ず1%以下に希釈し、肌に塗布した後は日光に当たらないようにしてください。

使い方

*芳香浴1:ディフューザーやアロマランプに1~3滴
*芳香浴2:ティッシュやハンカチに1~2滴
*アロマバス:お湯をはったバスタブに1~2滴落としてよくかきまぜてから入浴
*マッサージ:1%以下を目安にキャリアオイルで希釈してください
(敏感肌の方は使用量を減らしてご使用ください)

相性のよい精油

ローズマリー / ラベンダー / ジンジャー / ユーカリ

注意事項

*光毒性があるため、必ず1%以下に希釈し、肌に塗布後は直射日光に当たらないようにしてください。
*原液のまま、目・皮膚・粘膜につけたり、飲んだりしないでください。
*マッサージなどで肌に使用する場合は必ずキャリアオイルなどで希釈してください。
*敏感肌の方は皮膚に刺激を感じる場合がありますので希釈濃度にご注意ください。
*非常に香りが強いため、少量でご使用ください。
*他の精油に比べて酸化が早いため、開封後は冷暗所で保管し、半年以内に使いきってください。