TOP >  Essential Oil >  LAPHT PhytoFrance オーガニックエッセンシャルオイル 真正ラベンダー精油

LAPHT PhytoFrance オーガニックエッセンシャルオイル 真正ラベンダー精油

ブランド名:LAPHT PhytoFrance
精油名:真正ラベンダー
学名:Lavandula angustifolia
抽出部位:花・葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
原産国:フランス
生産国:フランス
容量:10mL
オーガニック認証:ABマーク
保存場所:直射日光・高温多湿を避けた冷暗所
使用目安:開封後6~12ヵ月

精油について

その用途の多さから「万能精油」と呼ばれる、アロマテラピーを代表する精油。初めてのアロマテラピーに、また常備精油として、この1本をおすすめしています。ラベンダーは高地と低地では香りの質が異なり、その中でもこの”angustifolia”種は高地で育ったラベンダーの最高級品。香りの中には、酢酸リナリルという主要成分があり、これが36%以上含まれるのが真正ラベンダーと言われます。フィトフランス社の真正ラベンダー精油は、酢酸リナリルを37%含みます。通常精油は肌刺激があるため、お肌に直接つけることはできませんが、例外として「真正ラベンダー」は、少量(1~2滴程度)であれば原液でお肌につけても大丈夫と言われるほど安全な精油です(原液塗布する場合は必ず「真正ラベンダー」であることを確認し、事前にパッチテストを行ってください)。

こんなときに

緊張を解きほぐし、深くリラックスさせてくれる効果があり、心地よくぐっすり眠りたいときに最適な香り。ベッドサイドでディフューザーで香りを広げたり、ティッシュに1~2滴落とし枕元に置いてみてください。バランス作用、調整作用、回復作用があると言われ、精神的にショックなことがあったとき、イライラしたとき、鬱々とした気分のときにもおすすめの香り。季節の変わり目やストレスからくる体の不調を感じたときにはアロマバスやフットバスがおすすめ。その他にも、大きくなってしまいそうな吹き出物に1滴ちょんと塗ったり、手のひらに1滴すりこんで深くその香りを吸い込むなど、バッグにも1本入れておくと心強い「レスキューアロマ」。

使い方

*芳香浴1:ディフューザーやアロマランプに1~5滴
*芳香浴2:ティッシュやハンカチに1~2滴
*アロマバス:お湯をはったバスタブに3~5滴落としてよくかきまぜてから入浴
*フットバス:洗面器などに1~2滴落としてよくかきまぜてから足浴
*マッサージ:1%以下を目安にキャリアオイルで希釈してください
(敏感肌の方は使用量を減らしてご使用ください)

相性のよい精油

スイートオレンジ / ゼラニウム / レモン / ネロリ

注意事項

*原液のまま、目・粘膜につけたり、飲んだりしないでください。
*マッサージなどで肌に使用する場合は必ずキャリアオイルなどで希釈してください。
*敏感肌の方は皮膚に刺激を感じる場合がありますので希釈濃度にご注意ください。