TOP >  Essential Oil >  LAPHT PhytoFrance オーガニックエッセンシャルオイル ジュニパー精油

LAPHT PhytoFrance オーガニックエッセンシャルオイル ジュニパー精油

ブランド名:LAPHT PhytoFrance
精油名:ジュニパー
学名:Juniperus communis
抽出部位:果実
抽出方法:水蒸気蒸留法
原産国:フランス
生産国:フランス
内容量:10mL
オーガニック認証:ABマーク
保管場所:高温多湿・直射日光を避けた冷暗所
使用目安:開封から6〜12ヵ月

精油について

ジュニパーはヒノキ科の針葉樹で、直径5mm程度の黒くて小さな実から精油を抽出します。古くから高い浄化作用があると言われ、フランスでは病院で空気の浄化や伝染病予防にローズマリーと一緒にジュニパーの小枝を焚いていた他、チベットでは宗教儀式で精神の浄化の為に焚かれてきました。西洋では魔除けの意味を持っており、現在でもクリスマスリースにジュニパーの枝を使ったり、実を飾ったりする風習があります。お酒のジンの香りづけに使われることでも有名です。

こんなときに

ジュニパー精油のキーワードは「浄化」。体内の毒素を排出させるデトックス作用があると言われています。体を温める作用があり、身体的に何だかすっきりしない時にはアロマバス、フットバス、半身浴がおすすめ。脚のむくみが気になるときは1日の終わりにオイルマッサージを。その爽やかでウッディな香りは、頭の中をスッキリさせ、集中力を高める効果があると言われ、ここ一番の仕事や勉強のときにピッタリの精油。また失ったやる気を回復させ、新しいことに前向きにチャレンジしたいときに力になってくれます。人と多く接する仕事の人の助けになる精油とも言われ、疲れきった気持ちをリフレッシュさせ回復させてくれます。

使い方

*芳香浴1:ディフューザーやアロマランプに1~3滴
*芳香浴2:ティッシュやハンカチに1~2滴
*アロマバス:お湯をはったバスタブに1~2滴落としてよくかきまぜてから入浴
*フットバス:洗面器などに1~2滴落としてよくかきまぜてから足浴
*マッサージ:1%以下を目安にキャリアオイルで希釈してください
(敏感肌の方は使用量を減らしてご使用ください)

相性のよい精油

サイプレス / レモン / ジンジャー / スイートオレンジ

注意事項

*原液のまま、目・粘膜につけたり、飲んだりしないでください。
*高濃度での使用は控えてください。
*マッサージなどで肌に使用する場合は必ずキャリアオイルなどで希釈してください。
*敏感肌の方は皮膚に刺激を感じる場合がありますので希釈濃度にご注意ください。
*腎臓に疾患がある方は使用を避けてください。